眼瞼下垂と自律神経失調症|整体とマッサージはゆたか治療院へ:愛知県岡崎市

整体とマッサージは愛知県岡崎市 ゆたか治療院

HOME>自律神経失調症とは>眼瞼下垂と自律神経失調症

眼瞼下垂と自律神経失調症 整体とマッサージは岡崎市ゆたか治療院

眼瞼下垂とは
眼瞼下垂とは「まぶた」(眼瞼)が「垂れ下がる」(下垂)状態の事を指します。顔を正面に向けた状態で眼を開いても、まぶたが黒目にかかってしまい、まぶたがしっかりと開ききらない状態になります。眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがあります。後天的な眼瞼下垂の原因として目を酷使する・目の健康に配慮の無いメイク・皮膚疾患(アトピー性皮膚炎など)が挙げられます。

眼瞼下垂と自律神経失調症との関係
眼瞼下垂になると目を開きにくくなり視野が狭くなります。視野を確保しようとすると顔面の他の筋肉を動かしたり、まぶたを持ち上げる筋肉を普通の状態よりも強く動かさないといけません。これらのことから顔面の筋肉を動かす神経がオーバーワークになりがちです。顔面の筋肉を支配する神経の多くは脳神経に支配されていますが、脳神経と自律神経には密接な関係があります。脳神経が働き過ぎになると、つられて自律神経も過度の興奮状態になってしまいます。過度の興奮状態がつづくと自律神経のバランスが崩れ自律神経の失調状態に陥ることがあります。

Copyright (C) 2009- ゆたか治療院  All Rights Reserved.

整体とマッサージはゆたか治療院へ:愛知県岡崎市緑丘